平日割引

引越し業者に引越しを依頼するときには、依頼者の仕事が休みとなる日に段取りすることが多くなるので、どうしても土日や祝日になる可能性が高まります。そうなると、引越し業者が依頼を承る引越し予定は、週末や祝日が圧倒的に多くなってきます。そうなると引越し業者は、平日にはトラックが稼働せず、スタッフも仕事がない状態になります。

そのため、平日に予約の依頼を増やす為に「平日割引」の特典を設定しています。平日割引きは月曜日から金曜日までの平日に予約を入れることによって適用されます。平日割引きが適用された場合、10%程度の割引きとなる業者が多くあります。平日割引きと値下げ交渉を同時に迫った場合には、30%近くまで安くしてもらえる可能性もあります

大きな金額の平日割引きが提示される可能性があるなら、会社に有給休暇を申請して、引越し業者に合わせて平日に引越しの予定を入れるという対策も可能となります。そのため、週末に引越しの予定になっている場合でも、交渉の段階において平日割引きの金額を聞いてみることです。引越し業者のスケジュールの状況によっては、予想外に大きな割引きをしてくれる可能性もあります。

平日には、どこの引越し業者も暇になる傾向があるので、お客さんをライバルに取られないようにするために、大きく値下げをしてもらえる可能性が高まります。


早割サービス

旅行の予定が早い段階で決まっているときに、1月以上前に航空券を予約すると早割サービスで安く航空券を手に入れることができます。これと同様なサービスが引越し業者にもあります。引越し予定がすでに決まっており、その予定日までに1月以上の期間がある場合には、早めに引越しの予約を入れる「早割サービス」がお得になります。

引越し業者は、予定が決まれば当日の作業の段取りができ、現場で利用するトラックのサイズ、必要となる現場スタッフの人数、アルバイトを派遣する人数などを決定する事ができます。そしてお客さん側からすると、全く同じ引越しのサービス内容となるのですが、予約を入れた日が変わるだけで安くサービスを提供してもらえるので、かなりのメリットがあります。

引越しは複数の引越し会社に見積もりを依頼し、その中でより良い業者を選択する事が賢い選択となります。その手順を終えて1月前に予約を入れるとなれば、かなり早くから引越しを想定した準備を始める必要があります。早割のサービスを利用することにより、10%から30%程度の金額をサービスしてもらえる可能性があります。引越し予定日に近くなってから予約を入れると、見積もりの段階で足下を見られて値下げに応じてくれない事もあるため、早割サービスを想定した早めの準備がお得になるポイントとなります。


引越し業者の割引

引越しを予定している場合には、移動する家具や家電製品の量を確認して、どれくらいのサイズのトラックが必要であるか予想します。その量が多すぎるなら、自前で対策せずに引越し業者に依頼することになります。ここで注意する必要があるのは、引越し業者はテレビ広告でCMをしているような業者だけでなく、あまり知られていない引っ越し業者も数多く存在している事です。

最近ではネットで引越し業者を一覧表示して、引越し価格を比較できるサイトが多いため、自分の住んでいる地域の情報と引越し先までの距離を入力し、簡易的な引越し費用と、サービスを提供できる企業を比較していく事が可能となります。
ネットにてチェックできる引越し費用は簡易的な数字なので、引越し業者の見積り担当者を家に呼んで算出した金額とは、大きな開きが出る可能性があります。そして、もう一つ確認する必要があるのは、引越し業者にはそれぞれ独自の割引サービスを提供している場合があり、その割引特典を利用することにより引越し費用を安くすることができます。

例えば引越しの予定日を、引越センターにおまかせするという割引きで安くすることができます。引越し業者は週末や祝日に引越以来が集中するので、できれば引越し業者主導で引越しの予定日を設定したいと考えています。そのため、予定日の前後2日間の範囲において、引越し業者に選んでもらい引越し費用を割り引いてもらうという事が可能です。
そのようなサービス以外にも、多くの業者が採用している割引きに、「早割サービス」と「平日割引」があります。

関連資料≪東京・埼玉・神奈川・千葉の引越しなら「ファミリー引越センター」
「e得」という独自の割引がある引越し業者です。